NPO法人「てとて」より、フェルトワークショップの報告!

さる3月7日、西八王子のWarkさんにて、羊毛フェルトによる、猫型一輪挿しと木の実型小物入れのワークショップをワークショップを開催しました。

2名の方の参加。素敵なことに、お二人とも、こんなものが作りたいという目的を持って参加してくださった方でした。

お一人は、きのこ。もうお一人は、猫型一輪挿しの変形で、たぬきと猫の指人形。

ニードルではなく、ウェットヘルティングの手法で、がっしりとした自立する鮮やかなきのこ。ユーモラスな猫が未完成ですが、形ができました。みなさん、とっても発想が豊か。私も、とても楽しく、アイディアを膨らませながら、時間を過ごすことができました。

これからは、テーマ以外の自分の作りたいものを工夫しながら製作する、フェルトメーキングクラブのような形のワークショップも楽しいかなと思いました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする